« 須田よしあきの政策 | メイン | いよいよ »

 久方ぶりなので近況を

2007年03月07日

昨日数日振りにメールを開いたらHP担当氏より
「なるべく更新するように」
の一報。
気付いたら前回更新より早1週間。
議会と後援会活動で帰宅も遅く、 身内の不幸もありPCも立ち上げてなかった。
言い訳せずにご指導の通りなるべく書き込みます・・・。

という訳で近況を。

病み上がり後は体調もすこぶる良かったが、 ここ数日は別の悩みが。

花粉症がひどい。毎年のことだが、 今年は例年以上に辛い。
統一地方選挙の時期を秋口にずらして欲しい、
と叶うはずもないことまで考えてしまう。
「余り眠くならない薬」を薬局でもらったはずが、
服用するとなぜかとんでもない睡魔に襲われる。
現在H19年度予算の審議中だが、 質疑にも支障を来すほどである。

ともあれ、任期中最後の議会である。
色んな意味で最後の議会になってしまうかもしれない。
職責を果たすよう閉会まで発言し続けていきたい。

なお、 以前の書き込みで一部間違いがあったので訂正します。

書き込み時点で浅野史郎さんは県社協の会長は辞職していませんでした。
正しくは「辞職の意を表明していた」であり、 お詫びし訂正いたします。m(__)m

それにしても、 今回の統一選で一番の注目となった都知事選である。
県政関係者からすれば大方の予想通り (想定されたシナリオ通り)の出馬となったが、
やっぱり浅野さんは「新人」でいいのかな?

そういえば、 今回の改選においては自分自身もほぼ新人と同じ。
現職議員ではあるが、 選挙区の合区により有権者のなんと9割以上が選挙では
「須田さん」を初めて見る、という選挙である。

※旧選挙区有権者が13,000人強、 新選挙区では約147,000人!

もとより2期7年半務めた県議としては全国の現役最年少の私である。
若さを武器に前を向いて進んでいくのみである。
改めて初心に立ち返り、当初からの宿願である

「都市と地方が共生できる社会」
「真っ当なことが真っ当に評価される社会」
「潰し合いでなく、伸び合い、伸ばし合う社会」

をいつの日か実現すべく、 県内屈指の激戦区ではあるが
勝ち抜かせてもらえるよう日々の努力を重ねていきたい。

投稿者 sudayoshi : 2007年03月07日 23:49