« 同期会ご参加の皆様へ(お詫び) | メイン | 女川一中同級生の皆様へ »

 サプライズ

2007年08月29日

昨日、改造安倍内閣の人事が発表された。
各政党や有識者(といわれる方々)の評価があちこちで出ている。
「サプライズがないのがサプライズ」というようなことを
民主党の鳩○さんが言っていた。
しかし地方政治に携わっている人間からすると
まさに「サプライズ」はあった。
総務相への増田前岩手県知事の起用である。

政治的に言うと、増田さんの最初の知事選は民主党の小沢現代表が
全面的に支援して勝利した選挙であった。
三期目の選挙あたりから距離感が微妙になったと伝えられるが、
経緯からすると当時と比し真っ向から対立する立場になったわけである。

そのことはある意味どうでもいいのだが、
増田さんといえば改革派知事、と言われた中でも地方分権推進の旗手として
知られた人物である。
霞ヶ関(旧建設省)出身でありながら、
いやだからこそ国に対し分権の必要性と具体の施策について
絶えず訴え続けてきた。
全国知事会でもその発言力は突出していたものと認識している。
のみならず、現実の為政者として、岩手県内市町村への権限委譲と
県の地方機関への予算を含めた裁量権の拡大を実施した人である。
更には道州制への萌芽たるべく北東北三県の連携を促進してきた。
つまり、地方分権の実践者であった人物だ。

参院選における自民大敗の一つの要因は疲弊する地方への配慮の無さであった。
増田さんの起用はそのことに対する率直な反省、そしてその上に立った
今後の取り組みを大きく意識したものと理解する。

選挙中各党、特に民主党は地方政治や地域経済に対する政府与党の姿勢に
批判を繰り返してきた。
三位一体改革後の地方財政の疲弊振りを見れば、そのことは一部その通りだろう。
しかし、今回の増田氏起用に対し、民主党の大幹部が何も感じないとするならば、
彼らの言ってきたことは票取りの為のまやかしであり、
地方政治における各位の取り組みに対し何らの関心も抱いていなかったことの
証左ではなかろうか。
「常に批判さえしていればいい」というのが現在の野党の本質ではないかと
思えてならない。

当然ながら知事経験者が総務相のポストに付いたからといって、
何かがすぐ変わるわけは無く、特に地方への財源委譲については
財務省の抵抗が相当高い壁になってくる。
熾烈な綱引きも想定されるが、それを突破してこその政治力である。
額賀財務相との良好な連携を期待したい。
逆に言うならこれを突破できなければ安倍内閣は本当に終わりだ。
何らの指導力を発揮できなかったことになるからである。

増田さんのことばかり記したが、総じて実務派・政策通とされる方々が多く、
政治力にも期待できる布陣である。
「若さが無くなった」「派閥の親分ばかり」という声もあるが、
惨敗後の出直しを図る中で政策の実行や実現力を考慮すれば
むしろ当然であろう。
世論調査の改造内閣への支持率も改造前に比べれば大きく向上したのも
国民の期待の現れだと考える。

しかし「期待」で終わってもらっては困る。
期待される政策を実現してこそはじめて「評価」になるのである。
私自身についても同じことが言える。
付託を得た理念や政策を「かたち」にすることが
有権者の思いに応える唯一の方法である。

崖っぷちの安倍内閣。
この再スタートが多くの国民の声に応えるものになることを望む。




 

投稿者 sudayoshi : 2007年08月29日 02:44