« 女川一中同級生の皆様へ | メイン | みやぎ発展税について① »

 政治の責任

2007年09月13日

我が会派に対しての9月議会の議案説明が本日県執行部より為され、
県内各地での県当局の説明会も昨日終了したので
当初、今日からこの欄で2~3回に分けて
みやぎ発展税について書いていこうと思っていたが、
とんでもないことが起きた。

最初は我が耳を疑った。
会派総会終了後の午後一番、会派控室の片隅から

「安倍総理辞めるんだってよ!」

の声。
冗談か誤報だろうと思ったが、事実であった。

「なぜ?」
「それもなぜ今?」

しばらくは当惑したままだった。
マスコミ数社からコメントを求められたが、
どのような言葉で言い表すべきなのか、
端的な言葉が見つからず、各社ごとに違う話をしたと思う。
今回の辞任劇を政治家の一人としてどう捉えるべきなのか、
「安倍さんが辞めたこと」
ではなく
「一国の宰相がこのような辞め方をしたこと」に対し
少なからぬショックを受けている。

「前代未聞」
「驚天動地」「青天の霹靂」
どの言葉も自分にとっては適切でない。
「無責任の極み」
と言った人もいるが、そんな言葉では済まないものを感じている。
ある種の憤りでもあり、空しさでもある。
それでも一言で言うとすれば
「ありえねー!?」
であろうか?

改造内閣の布陣を見て、これからの展開に大いに期待していた、
ということもある。
首相自らが述べておられた作ってはいけない「政治の空白」が
皮肉にも正に今日を境に出来てしまった。
恐らくこのような経過(選挙大敗⇒続投⇒組閣⇒所信表明)と
タイミングで為政者の座を自ら辞する、というのは
諸外国を含めても古今ほとんど前例がないのではなかろうか。

安倍首相の目指したものは「美しい国」であり、
それは国際的に「普通の国」「当たり前の国」でもあった。
保守本流のそれである。
憲法改正への動き、教育基本法、外交 etc.
後世には評価されるであろう取り組みと実績は多々あったとも思う。
しかし残念ながら「美しい国」という言葉では
国民との意識の共有が結果的に出来なかった。
加えて止め処なく発生する不祥事やスキャンダルに対して
打つ手打つ手が自らを更に辛い立場へと追い込んでもいった。
参院選大敗のタイミングでやめなかった以上、
ボロボロになるまでやり続けるのが政治家としての姿ではなかったか。
夜の報道番組では相当前から肉体的に限界が来ていたような話もある。
既にボロボロになっていたのかもしれない。
しかし自治体であれ国であれ、為政者(トップ)というのは常に孤独であり、
全責任を負わなくてはならない。
同情する部分もある一方、今回の辞め方がどれほどの混乱と不信感を
人々に与えたのか、安倍首相御自身は認識しているのだろうか。
真実、慙愧の念に堪えない、という思いである。

さて世論も含め、既に関心は自民党次期総裁選、首相候補にいっている様である。
現時点で、地方組織(県連)に今後のスケジュールについては
正式に一切いただいていない。
報道によると14日(金)告示のようだがどのような手段で行うのか
全く不明である。
色々と動きが伝えられるなか、1回生の会合が開催され、小泉前首相に
出馬要請をしたが、断られたようだ。当然である。
小泉再登板は確かに選挙向けにはいいだろうし、リーダーシップもある。
しかしそれは禁じ手であり、かつ一番安易な方法である。
我が党には宰相たる人材がまだまだいるはずである。
今回の改造内閣閣僚を見てもそのことは多くの皆さんに伝わっているだろう。
にもかかわらずあのような行動を取るからいつまでも
「チルドレン扱い」をされているのである。

ともあれ、事態は別の局面に移ってきた。
私自身も、国民と意識を共有する新たなリーダー選出へ向けて
与えられた役責の中、可能な範囲でしっかりと果たしていきたい。

それにしても全く残念である。

(発展税については次回からHPに書き込みます)

投稿者 sudayoshi : 2007年09月13日 02:20