« 一般質問です | メイン | それって自分らのこと? »

 一般質問終了 and 気になること

2010年12月04日

一般質問は無事(?)終了。
お知らせしたとおりの三点を質問。

まず、地方自治については、阿久根・名古屋で展開されているような、
従来の価値観を破壊する政治手法に異議を唱えつつ、
これからの地方自治の在り様を、今後の分権議論の行く末も含め
知事の見解を問うた。
当然(と言えば当然ながら)当方の趣旨を汲んだ答弁であった。
よく地方自治は”民主主義の学校”と言われるが、
彼の地で繰り広げられるような事態が正当化されるなら
民主主義の学校は即座に廃校だ。
宮城からあるべき姿を発信していきたい。

出島架橋については、どのような手法で進めていくか検討する、との答弁。
これまでと違いはっきりと前に向けられた答えであった。
地域の宿願成就に一歩近づいた気がする。

養殖業振興は、とりわけホヤのことについて取り上げた。
疾病の原因究明が出来たので、今後はその知見を活かした対策を取っていく。
漁業者の養殖種転換に際しての金融支援要請を行ったが、
当方と執行部の認識の差異が今日の議論だけでは埋まらなかった感がある。
取り巻く環境については意識共有は出来たと思うので、今後も詰めていく。
同時に、風評被害に対する懸念と正しい情報の発信も要請した。
なお、津波被害支援については施設強化に対する支援を行う旨の答弁。
今後の具体的な方策について調整していく。

まあ、概ね意図通りの答弁を引き出せたかな、とは思う。

 

閑話休題。
22年W杯の開催地がカタールに決定、日本は2回目の投票で落選した。
ロビー活動の脆弱さなどが事前にも言われていたが、正にそうなった。
02年に開催しているから、という、前回からまだそれほど間が無い事もあろう。
しかし、本当にそれだけか。
実は、3回目の投票まで韓国は残っていた。
つまり、2回目の投票で、02年にW杯を共催した韓国に負けているのだ。
別に韓国を見下したり侮っているのではない。
むしろ、本気度合いで韓国に負けていた、と思う。
というのは、FIFAの役員が最後のプレゼン会場に車で乗り付けていた映像、
その役員が乗っていた車の車種は定番のベンツでも、BMでも、もちろんトヨタでもない。
日本ではまだまだ認知の低い韓国自動車メーカー、ヒュンダイだった。
たまたま、なのかも知れないが、恐らくたまたまではない。
韓国は自国の売込みをそこまでしっかりやっていたのだと思う。
結果、”韓国”というブランドは日本以上に認知され、
招致は出来ずとも別な将来の利益はしっかりと確保しただろう。
W杯でもこうだ。
多国間競争での我が国の状況、もっと真剣に考えなければならないかもしれない。

投稿者 sudayoshi : 2010年12月04日 00:42