« 皆で未来を創るために | メイン | 一週間が経ちました »

 新たな道(今日はえらく緊張した)

2011年11月14日

ご無沙汰しております。
11月4日告示されました女川町長選挙に立候補し、
無投票という形で当選致し、
今後4年間の舵取りを担うこととなりました。
改めてよろしくお願い申し上げます。
また、今回は古巣である県議選、そして町議選も行われました。
当選された皆様に心からお祝いを申し上げます。
それぞれの役割と責任の中でともに復興へ歩みたく、
今後のご活躍とご指導をお願い申し上げます。


さて、本日、町長として初登庁した。
まずもって、同じ政治の立場ではあれど、
県議会議員と首長では役割も異なるわけで、
早く環境に順応し、(取り巻くものを含めて)空気に慣れるように
していかなくてはならない。
一方で、何よりも自分自身が掲げたものと、
また復興への具体的な道筋を早くつけれることを
率先して行動で示していかなくてはならない。
正直当面戸惑う部分もあるが、早く自己の内面の整理もしつつ、
十分にやれるように努力を重ねていくつもりだ。
その今日一日の中で、初公務が訓示の意味も含めた就任挨拶。
はっきり言って、ものすごく緊張しました…。
今後何をなしていくにしても、どんなに立派なことを言ったとしても、
私自身が職員からの信頼を得られていなければ何も動いていかないし、
仮に動いたとしても十分なものにならないだろう。
組織を統括し、またその力が最大限発揮されるためには
組織が機能するための信頼が必要である。
それを得ていくのも自分自身の行動とメッセージでしかない。
就任挨拶を取材していたメディアの方からは
「思わず涙が出そうになりました」
と言われたが、職員の方々にはどう届いただろうか?

いずれにせよ、いよいよ新たな道がスタートしました。
復興していく元気な女川を感じていただけますよう、
これからも折に触れ、今まで同様、徒然に当欄も更新してまいります。
”元祖”徒然日記を今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿者 sudahonnin : 2011年11月14日 23:38