« 今年の一月に思う | メイン | 二つの卒業式 »

 雪にソチに

2014年02月18日

今月に入っての大雪が残雪となって至る所に残っている。
この二週間の大雪で全国的には死者も多数出るなど大きな被害となっている。
本町の場合は先々週が大雪で、先週末は雪よりも暴風がひどかった。
H18年の10.6低気圧、三日間続いた爆弾低気圧を思い起こさせるほどだった。
幸い陸上での大きな雪害は出なかったが、暴風による時化で漁場被害がどの程度になるか。
震災で滅失した筏など養殖施設をようやく再建し、
中にはホヤや一部カキなど、出荷サイズになるまで二年・三年越しで
水揚げを待たれていた養殖物もある。
ほとんどの一次産業並びに生産物は自然災害に晒されるリスクを常に抱えるが、
震災を乗り越えてせっかく着業したにもかかわらず被害が大きくなったとするならば
生産者としては本当にやり切れない思いだろう。
現在県漁協女川支所のほうで取りまとめを行っているが、
軽微な被害であることを願うばかりだ。
そんな中、一つ不思議なことが。
先週は再度の豪雪も心配されるなか雪に関しては女川はほぼ影響がなかったのであるが、
各種警報や注意報が県内全域に発令される中、女川対象では見たことのない注意報が。
”雪崩注意報”である。
住む我々と訪れたことのある方ならこの違和感がわかるでしょう。
「そんな場所、女川にあるんかいな?」
というのが率直な思い。
よくよく考えてみれば、北上山地の南端である牡鹿半島を走るコバルトラインとか、
一部の林道であるとか、高所(といっても高くても350mほど)で低地部よりも積雪が深ければ
確かに何らかの心配はあるのかな、とも思ったが、
とにかく女川に対する雪崩注意報は初めて見た。
なぜ発令されたかは未だにわかりません。

そんな寒波と大雪が日本列島を見舞う中、熱いのがソチ!
以前も書いたが、”日本代表”という冠をとにかく応援したくなるのは日本人として当然の反応。
しかしながら、時差が5時間にもかかわらず、日本時間で朝4時の競技とか、
つまりは現地時間では午後10時とか午後11時とかに試合をしているわけで、
日本では考えられないですな。
そうはいっても、眠い目をこすりながら応援するのが日本男児として正しい姿。
ほとんどの場合は睡魔に負けてしまっているが、
羽生選手の金メダルなどはリアルタイムで見届けることができた。
宮城県民として大変喜ばしい限りです!
また、同い年となる葛西選手の、様々な苦労を乗り越えての活躍にも大いに励まされた。

ところで、五輪に限らずサッカーなど自宅のPCがTV機能付きなのでそれで見ることが多いが、
一頃より、TVを点けていると急にブルスクになるor落ちて自動でPC再起動という現象に
しばらく悩まされており、昨秋には症状を伝えつつ一度仙台の修理専門店に入院させた。
2週間ほどたって連絡があり、
「様々に継続して負荷をかけたが何も異常はなかった」
ということで退院してきたが、家ではやはりブルスク頻発(調子のいい時もあるのですが)。
仕方がないのでそのまま使っているが、得てしていいところで落ちるんだよな~。
カーリング女子の第9エンドとか、加藤選手・長嶋選手の決勝とか・・・。
これ以外にも頻発。
そういう状況で羽生選手の演技とメダル獲得の瞬間を見れたのはかなり奇跡的と言えるw
開会式でも同じ。
序盤は調子よく、五輪の一つが開かない事態に
ネットの実況板とか見ながらニヤニヤし(失礼!)、
空中を進む少女の、あたかもそこに階段でもあるかのような足の運びに感嘆し、
大規模プロジェクションマッピングの美しさに息をのみつつ、
さて、選手団の入場が始まると入場する各国・各地域の地図が
フィールド一杯に映し出された。
となると俄然注目するところは、日本が入場する際どんな地図が映し出されるか?という
保守系たる(というか日本人ならば当然か?)私の必然の思考。
開会式は現地で2月7日(日本では2月8日未明)。
奇しくもこの日は言わずもがなの北方領土の日。
この、ロシア国も理解しているであろう、2月7日が日本におけるどんな日か、という時に
どんな地図を映し出すのか?
さあ、あと数組で日本の入場!という、まさにその時、
異音とともにブルスク発生・・・orz
再度立ち上げるも行進は既に終了間際で、あれよ日本とロシアの選手団はスタンド席に・・・。
翌日の録画中継を見て確認したが、根室から東側には薄雲をかけぼかしていたようで、
あちらもこちらに配慮したんでしょうかね?(交渉進展と返還を強く望みます)

調子の悪いPCと格闘しながらの五輪観戦となっているが、
残り数日、最後までの熱い戦いを期待したい。
なお、寝不足だけはともに気を付けましょうねw
(,,゚Д゚) ガンガレニッポン!


投稿者 sudayoshi : 2014年02月18日 23:20