« 4500年前の高台住宅地 | メイン | 一研究員として御礼を »

 よく頑張ってくれました

2014年06月29日

活発な梅雨前線の影響が宮城県にも大きく出た本日、
NHKで生中継も行われたように、宮城県サッカー場にて
天皇杯宮城県予選決勝が雨天の中行われた。
ソニー仙台vs我が地元コバルトーレ女川の対決である。

昨日の時点から雨の予報は100%。
本町きぼうのかね商店街にあるガル屋beerにて
「ビール&生ハムで飲りながらPVやるよ!」
というお話もいただき、グラグラと心が揺れ動いたところであったが、
やはり今日は現地に行かねば!と、ゴム長靴+上下合羽の完全装備でいざ会場へ。
着いてみたら、おお、コバルトーレ初の決勝を応援するために、
TV観戦の道を選ばずに激しい雨の中サポーターがいっぱい来ている!
贔屓目無しに、サポーターの数はコバルトーレに軍配でした!

さて、ゲームは定刻13時08分にキックオフ。
徐々に強まっていく雨足の中、序盤はコバルトーレがペースをつかむが、
地力を発揮し徐々にソニー仙台が盛り返してくる。

DSC_0269.JPG

均衡した展開が続いていくが、次第に雨が大粒になってきて、
近くに雷鳴を聞くまでになり一時中断。
以前雨は激しいものの(というか中断前より激しかった)、
雷雲は去ったという判断か、ゲームが再開。
直後、非常に危ない場面を迎えるも何とか乗り切りハーフタイムへ。

DSC_0271.JPG

後半に入ってからも雨の激しさは変わらない。
水が浮き上がってパスもドリブルも止まってしまうようなエリアまで出てきて、
天候のみならずピッチの状態も最悪レベルになってきた。
その状況下で、ソニーペースながら双方ともまさに死力を尽くしていたが、
ついに均衡が破られる。
後半25分、コーナーキックからソニー仙台が先制。orz
それでも、全員が声をだし、勝利を信じてコバルトーレは走った。
退場者を出しながらも、集中力を切らさず、チャンスを数多く作り、
フィニッシュまでもうあと一歩、という場面を何度も作る。
しかし最後の最後、ソニー仙台の地力が出た。
正に試合終了間際、流れの中から流し込まれる。
この時、まさに両軍ともフラフラの状態になりながらもボールを追っていた。
ほどなく激戦の終わりを告げるホイッスル。
天皇杯本選初出場への最終チャレンジは、ゲームスコア0-2、
格上であるソニー仙台によって阻まれた。

JFLのソニー仙台対東北1部2位(県内チーム最上位)のコバルトーレということで、
ベガルタを含めた現況の格付けで言えば県内のNo.2とNo.3の決戦であった。
確かに力の差はあった。数字以上のものもあったかもしれない。
一方で数字ほど開いていないものもあったはずで、
だからこそ、押されながらではあっても過酷な状況下で伍していけたのだと思う。
そして、今日跳ね返された壁は、上を、Jを目指すならば、
必ず超えていかなくてはならない壁である。
そのためにも、今日の敗戦を糧に今後の全社出場、そして東北1部制覇をめざし、
今シーズン全力で走りぬいてもらいたい。

今回の結果は惜しくも準優勝(下の写真は表彰式)。
ピッチも天候も最悪クラスのコンディションであっても、
またリードを許しても決してあきらめず、ゲームを捨てず、
全力で戦った選手たちに心から拍手を送りたい。
そして、見事優勝した県内アマの雄、ソニー仙台にも心から祝意を申し上げたい。
本戦での躍進をお祈りいたします!

DSC_0277.JPG


でもでも、やっぱり、あの大きい優勝杯とか、やっぱ欲しい!
NHK杯に河北杯に、あとなんだか。いっぱいありました。
GMには「来年欲しい!」と直訴しましたw


投稿者 sudayoshi : 2014年06月29日 23:27