« 一研究員として御礼を | メイン | 日本一人口減少率の高いまちから考える »

 意味のある日に復活の伝統芸能

2014年07月27日

本日、「復活!獅子振り披露会」が行われた。
昨年のさんま収獲祭に続いて二度目となる。
全地区の実業団・獅子振り団体が一堂に会し各地に伝わる伝統芸能の獅子振りを披露した。
震災以前、町内の獅子舞(獅子振り)が一堂に会するのは恒例の女川みなと祭りであった。
みなと祭りのメインイベントの一つが海上獅子舞であり、広い女川港内を一杯に使って
各地区の漁船に乗り勇壮な獅子舞を一斉に披露する。
そのみなと祭りはまだ岸壁付近がイベント等で使える状態までには至っていないので
震災以降実施できていない。
今日27日は7月の第四日曜日であるが、震災前にはこの日は恒例の
女川みなと祭りの開催日に当たっていた。
さらに遡ると、第四日曜日開催になる以前のみなと祭りは
平祭日を問わず7月27日固定で実施されていた。
従って、本来なら正に”みなと祭りな日”が今日という日なのである。
震災によってほとんどの地区で獅子頭や太鼓・笛など全てが流されたが、
見つかった道具の修復や寄付など、多くの方々や団体の支援によって
揃って復活できたのが昨年。
今回は女川小学校校庭を会場に実施されたところである。
全部で16団体あるが今回は12団体が参加。
女川実業団を皮切りに順番に迫力ある獅子舞を演じていく。

DSC_0295.JPG

DSC_0301.JPG

一巡した後に、全員で一斉に!

DSC_0298.JPG

DSC_0304.JPG

町内外を問わず多くの方が足を運んでいただいた(東京から来た方も。あにきあーざっす!)。
「みんな、待ってたんだよな~!」と改めて思った。
来年になれば魚市場脇の岸壁の整備も終了する見込みで、次回は海岸部で出来るかも。
みなと祭りが再開できるようになるまではまだ時間がかかると思うが、
いつも当たり前だったはずのまちの姿がこのように一歩一歩戻ってくることが何より嬉しい。

実行委員会や実業団の皆さん、支援いただいた各団体の皆さん、そして足を運ばれた皆さん、
暑い中大変ありがとうございました!

投稿者 sudayoshi : 2014年07月27日 19:24