« 女川さいがいFM閉局に当たって | メイン | 燃える塗魂 »

 お悔やみとお見舞いを申し上げます

2016年04月18日

熊本県を中心に発生した連続地震で尊い命を亡くされました皆様、
そしてご遺族皆様に心からお悔やみ申し上げますとともに、
被災された皆様にお見舞い申し上げます。


先ほども最大震度5強が発生した。
絶望的になっても当然であろう目の前の状況、
追い打ちをかけるかのような断続する強い揺れで、
眠れぬ夜が続いているだろうと思うとやり切れない。
5年前、我々自身も余りに辛い様々な経験をし、今に至っている。
だからこそ願う。
とにかく、諦めないでほしいし、心折れないでほしいと願っている。
今のこの瞬間ではまだ支援の手が届かない方々や地域もあると思うが、
その困難を乗り越える力になれるように、命を明日より先へ繋げるために、
数多の方々が最善の努力をしてくれている。
それを信じ、希望を捨てず、励まし合い支え合いながら、
今の苦境を乗り越えていただけるよう、切に願う。


日常を取り戻すまでのこれからの道のりは、それも困難であろう道のりは、
色んな意味で長いものになることは避けられないだろう。
一例として、東日本大震災時の女川における避難所開設や
ライフライン復旧は次の通りであった。

大震災後の女川町の避難所開設~閉鎖状況
%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%89%80%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

大震災後の女川町のライフライン復旧状況
%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

被災エリアの広さの違いから考えると、東日本大震災時と比し、
人的・物的資源がより集中的に投入されることによって、
ライフラインの早期復旧や仮設住宅の早期設置がなされることを
期待するところではあるが、壊滅状態の地域もあり、
今次災害においても地域によって置かれた状況がまるで異なる。
多くの地域において長期戦になるであろう。
本町においては、これまで職員派遣をいただいてきた熊本県美里町に
今後の対応の先遣隊として副町長と防災担当を昨日より派遣した。
被害は比較的軽度とのことだが、家屋調査や保健活動など、
必要になるものは多々想定される。
益城町や南阿蘇村など被害の甚大なエリアでは尚更だ。
我々の経験がそのまま役に立つのかどうかは現時点では分からないが、
我々自身、とりわけ初期段階における自助努力には余りに限界があり、
その時々の数多の支援で支えられたものだったことは言うまでもなく、
そのこと自体も経験の一つと言える。
だからこそ今後の各フェーズにおいてどのようなサポートが出来得るか。
大規模自治体のような自前の消防チームや医療チームなど
専門性の高いスタッフを組織として持っているわけではないが、
それでも、出来ることを適切なタイミングで、かつ適切に動けるよう準備していく。

まずは被害がこれ以上拡大せず、早く状況に落ち着きが出てくることを
心より祈っています。

投稿者 sudayoshi : 2016年04月18日 23:30