« 点から線、そして面へと繋がる年に | メイン | 丸6年を経て/にぎわいと伝承の3日間 »

 伝統産業・新産業の力@女川

2017年03月06日

お元気でお過ごしでしょうか?
久々の更新です。
今月は何回か書いていく予定です。

さて、現在町議会の定例会開会中(所謂当初議会)で、
今日は平成29年度の施政方針演説を行った。
町内の方々には町広報誌で方針の全文をお伝えすることとなるが、
町外で興味のある方は4月以降本町HPをご覧いただければ、と。
(文字数で14000字を超えていますのでここには上げません)

さて、既報の部分もあるが、その施政方針の中で
本町産業界の活躍ぶりをお話しさせていただいた。
まずは、女川の産業の一次資源たる漁業生産。
県漁協女川町支所の平成28年分の漁業生産額が、
60億円を大きく超える見込みである。
地場生産の主力であるギンザケやホタテ等の単価高が主因であるが、
この金額自体は震災前を大きく超える数字である。
もっとも、年末のノロウィルスに関係してのカキの単価下落や、
ホタテ等の養殖用稚貝の価格高騰など、手放しで喜べるものではないが、
それでも、大震災によって船や養殖いかだなどの生産手段のほぼ全てを
喪失するところからのリスタートだったのであるから、
よくぞここまで立ち上がっていただいたものと、
生産者皆さんの奮闘努力に敬服しております。m(_ _)m
もう一つの基幹であり、かつ全体の主軸たる水産加工業。
過日、第41回県水産加工品品評会が女川を会場として実施され、
参加61社2校、申込数205品(実際の出品は203品)の中から、
最高賞である農林水産大臣賞、その次の次の格付けとなる宮城県知事賞を、
本町事業者3社3品が受賞、つまり最上位クラスを占めたのだった。
それに先立つ全国水産加工品総合品質審査会においても
三社三品が入賞しており、本町水産加工品のクオリティが
様々な場で高く評価された。
更には、仙台市が中心となって主催したビジネスグランプリ2017。
ここにおいて、決勝ラウンド進出の13組から、
都市部の企業を押しのけて最高賞である大賞ならびに奨励賞を
本町内企業2社が受賞した。
特筆すべきは、この受賞した2企業ともIターン起業で設立された企業、
ということである。
加えて、本町の取り組みである「創業本気プログラム」受講者1名が
会場賞に当たる賞を受賞され、これも喜びの一つである。

このように、震災を受けてもなお力強く立ち上がった本町の伝統産業、
そして震災後の我が町のリスタートとともにIターン者が
”わざわざ”女川という場所を選んで立ち上げた新たな産業の双方が
内外から高い評価を受けた、という事実は、
これからの女川の産業発展に大きな勇気と力を与えてくれるものだった。
個人や事業主、更には関わる人材によるところが大きいのではあるが、
そうだとしても、これまでの皆での取り組みが花開き始めている、
という一つの結果であるとも言え、素直に喜びたい。

「どうせ創るならより良い町に」
「面白いまちになれば面白い人間が集まり、その化学反応で
より面白いまちになり、それによって魅力的な町になる」
この思いは、これまで先頭に立って力を尽くしてきてくれた皆の、
とりわけ地元若手(といっても女川の”若手”だがw)に共通する、
ある種の観念である。
そうして、外とつながり、交わり、自分を磨いて、日々を歩んできた。
そうすることで町が魅力的になるように、自らが魅力的になるように。
また、それが女川をスタートの地に選ぶ若者を呼び寄せた。
お互いに刺激を与え合い、受け合いながら、新しい熱を生み出す、
そのようにして生まれてきた一つひとつの成果だと思う。
その循環をこれからも大切にしていきたいし、
そのためにもより熱い女川でいなくちゃな、と。
今後の更なる展開に乞うご期待!

なお、受賞各社は次の通り。

◆第41回宮城県水産加工品品評会◆
【農林水産大臣賞】
御前蒲鉾かき(株式会社高政)
【宮城県知事賞】
ほやタマゴ(有限会社マルキチ阿部商店)
たこのやわらか煮(株式会社鮮冷)

◆第27回全国水産加工品総合品質審査会◆
【水産庁長官賞】
三陸養殖 スモーク銀鮭・スライス(ワイケイ水産株式会社)
淡雪チーズ アーモンド(株式会社高政)
【大日本水産会会長賞】
さんま黒酢煮(金帯)(株式会社ヤマホンベイフーズ)

◆SENDAI for Startups! ビジネスグランプリ2017◆
【ビジネスグランプリ大賞】
株式会社セッショナブル:エレキギター製造・販売
【奨励賞】
株式会社アイローカル:オーガニック石けん販売・製造
【オーディエンス賞】
OCHACCO:「日本茶×フレーバー」事業・ライフスタイルの提案

※全国水産加工品総合品質審査会の部分ですが、間違って
 以前の受賞品を掲載していたので訂正しました。
 誤記載失礼いたしました
 m(_ _)m

投稿者 sudayoshi : 2017年03月06日 22:46