« 旅は続くのです | メイン | 伝説として刻まれたであろう夢のような2日間 »

 今年初めなんでうれしかったことを2つほど

2019年01月27日

今更、ホントに今更感なのですが…。

あけましておめでとうございます…。
家でPCにじっくり向き合うことがなかなか無くてですね…。
いや、年末に半分書いてたのもあったんですけど、
そのまま時間が経ってエントリーから外したりだとか…。

いや、まあ、そういうことです。
ご無沙汰しておりました…。 m(_ _)m
本年もよろしくお願いいたします。

で、以前新年会の回数が年を追うごとに増えてきて、
これも復興の進展の一つかな、というようなことを
書いたことがありますが、今年はどうかというと
”新年会”と銘打つかどうかは別にしても、
夜の会合が非常に多くなりました。
地元の所謂新年会はもとより、外からのお客様などなど、
有意義なコミュニケーションの機会と思ってます。
それにつけても、体に変調をきたしては元も子もないので、
セーブしつつを心掛けなきゃいけませんね~。

さてそんな中、1月恒例の表彰式があった。
町体育協会とスポ少本部の合同表彰式で、毎年この時期に行われる。
県大会3位以上が主に表彰の対象となるのだが、
今年はどうだったかというと、小学生から高校生まで、
上位入賞者はもとより
日本一
東北大会出場
東北代表に選ばれて国際親善試合準優勝
インターハイ出場
など、各種競技で多くの方々が表彰を受けられた。
女川は人口規模でいうなら6500人という小さな町である。
そんな小さな町から、各大会で活躍する子供たちが
こんなにも多く輩出されたという事実は
大変喜ばしいことであるのと同時に、
それを実現させた選手一人ひとりの頑張り、
そしてそれを支えた保護者や指導者をはじめとする皆さんに、
心からの敬意を表したい。
今後、運動場・球場など、町のスポーツ関係設備も
概ね2年間+@で段階的に復元していくこととなる。
逆に言えば、十分な環境まで回復した、とまでは
まだ言えない状況なのが現在地点。
今の制約を一つずつではあるが外して、
より選手たちが頑張れる環境を整備していきたい。
改めて、皆さんおめでとうございました!

これが一つ目。

二つ目は個人的なことを。

稲村さんをはじめアルカラの皆さん、
ネコとおさかなを本町に贈っていただきまして、
本当にありがとうございました!
そして本欄をご覧いただき恐縮です…。
曲のフリが個人的にサプライズ過ぎて
一瞬頭が真っ白になってしまいましたがw、
アルカラというバンドに出会わせてくれた、
私にとって大切な曲です。
そして秘密基地。
名曲であるのはもちろん、これも色々な想いを重ねる曲です。
その色々を思い起こしながら、心で聴かせていただきました。
そしてMCでお話しされたMASTER PEACEの意義や込められた思い、
いつかあの日がそうなればと、私もそのように思います。
旅立ってしまった人たちに思いをはせながら、
だからこそ前を向いて行こう、ということを確認しあう、
そのように皆で向き合える時が来るように、
これからも皆で歩んでいきます。
また足を運ばせていただきます。
本当にありがとうございました!

ということで、改めて本年もよろしくです!
\y/ ( ´∀`)

投稿者 sudayoshi : 2019年01月27日 23:58