« 復興まちづくりの視点・考え方とONAGAWACKが示した可能性 | メイン | 令和元年の例大祭 »

 平成がフィナーレを迎えるので慌てて

2019年04月29日

毎度のことながらすっかりご無沙汰です。
タイトルの通り、慌てて更新しますです。

新年度を迎えて早くも一か月。
学校では新入生、役場や各企業でも新社会人を迎え、
約一か月で新しい顔ぶれや体制にもなじんできた頃でしょうか?
そんな平成最後の四月でしたが、その最終週にあったことをちと。

県による復興事業(道路)となる、
本町内の国道398号(仮)崎山トンネルの安全祈願祭が執り行われた。
このトンネルが新設される区間であるが、
大震災で法面が崩落、車両の対面通行が可能になるまで
4年以上かかったものの、大地震の影響はその後にも現れ、
道路から海側の山林自体がじわじわと傾いていった結果、
道路にひびが発生(つまり地盤自体が引っ張られて割れた)し、
復興事業でダンプ他が多数通るにもかかわらず
大型車両の通行規制などが強いられ、
復興事業の進行にも少なからず影響を与えることとなった。
暫定的に崩落防止の対策は行われたが、
震災前からも風水害で崩落が何度も発生していた路線でもあり、
抜本的な対応が求められたところ、
県・復興庁・国交省他の理解も得られ、
県事業として採択されたのが約3年前。
いよいよトンネル本体の工事に入ることとなった。
関係皆様に改めて感謝申し上げます。
で、今回はトンネルの掘削部分は一定程度の硬さがあるとのことで、
シールドマシンとかではなく、この重機で掘るそうです。

%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%ADA.JPG

おお、モビルアーマーだ!
っていうか、ナラティブのA装備ガンダムSEEDのミーティアだ!
工事個所というか必要性に応じて、
この腕部分の先に更にパーツが増やされるそうです!
安全施工で無事の工事を祈念するところです。

また、この日は女川出島線の道路新設工事の現場も見学。
現在は一期目の工事が終わり、
施工事業者が代わる二期に引き継がれて少しの段階。

DSC_1700.JPG

DSC_1701.JPG

ここまでが一期目で、二期目は以下のようにこれから。

DSC_1703.JPG
架橋本体は現在県において詳細設計中。
こちらも事業期間は長いが、コストダウンを図りながら、
県や国など関係機関の支援をいただきながら着実な進展を図りたい。


閑話休題。
高校1年夏の仙台市体育館以来、31年ぶりでした!
初めて自らライブに参戦したのがBARBEE BOYS。
「これまでの生涯で好きなバンドを3つ挙げろ」
と言われたら、間違いなくその一つに入るのがBARBEE BOYS。
自分のバンドでやったことはないものの、
ベースを弾き始めた頃バンドスコア買ってよく練習もしてました。
KONTAっぽい髪形にしたこともありましたw

若いころそのまま(それ以上かも?)のKONTAの声、
杏子さん(なぜかさん付け)の艶やかさ、
イマサ、エンリケ、コイソによる、少ない音数で以て
最大級の音の拡がりを生み出すアンサンブル、
何よりも唯一無二のバンドの個性と
今なお色あせないセンスにあふれた魅力的な曲の数々。
再び自らの目で目撃をすることができて、
嬉しい・楽しいという以上に幸せな時間でした。
またどこかで会えると信じています!

他には、今回のお目当てはヤバいTシャツ屋さんと
ポルカドットスティングレイだったが、
ヤバTはもちろんだが、ほんとポルカはヤバかった!
Cymbalsというバンド(既に解散)が大好きだったが、
自身の中でどこかそこに繋がるような感覚もあり、
以前見逃していただけに期待大だったが、
それ以上でした…。
曲の良さ、歌詞世界はもちろんのこと、
雫の表現力とバックの演奏力のとてつもなさ、
その全てを絡み合わせて発生させる扇情力。
ほんと、圧倒的でした。
ポルカ、今後どんどん大きくなるでしょう。
どこまでも突き抜けてほしいですね!


ということで、平成からいよいよ令和へ。
令和最初のエントリーをお楽しみに!(いつになるかなw)

投稿者 sudayoshi : 2019年04月29日 23:25