« 伝えていく・語り継いでいくということ | メイン | 爪痕 »

 一月遅れで

2019年10月07日

毎度でございます。m(_ _)m
昨晩、ようやく地元産のサンマを食べることが出来ました!
各メディアで既報の通り、一昨日、例年より一ヶ月遅れで
女川にサンマの水揚げがなされました。
これも、前週に行われた秋刀魚収獲祭にて、
雨乞いならぬサンマ乞いを参加いただいた皆さんとともに
させていただいたからでしょうか?
収獲祭の三日後の水曜日、待望の一番船寄港の知らせが入りました。
寄港いただいたのは地元宮城船団である石巻の第一栄久丸。
二昼夜かけての寄港、ありがとうございました!

%E6%A0%84%E4%B9%85%E4%B8%B8.jpg

この時期で女川から二昼夜ということからも、
如何に漁場が遠いかというのがわかる。

で、水揚げされたのがこちら!

15704881589252.jpg

今シーズン、群れも見つからず魚体も小さい、ということで、
良い材料が何も伝わってこなかったところだが、
宮城船団が最初に見つけた漁場だったそうで、
ご覧の通り、7割方が中型以上の組成でちょっとだけホッとしたところ。
主漁場との距離や時化の影響もあり、次の船の入港はまだなものの、
遅れを少しでも挽回出来るような水揚げを願って止みません。
不漁の影響は買受人・加工事業者のみならず、
運送をはじめとする関係事業者にも及ぶものであり、
このままの状況が続けばその影響は不可避となるので、
金融支援等の可能性については既に事前調整しているところだが、
それらを活用しなくてもいい状況が一番望ましいわけで、
是非そうなるように、皆さまもお祈りください。m(_ _)m


さて、冒頭記した秋刀魚収獲祭2019、
今回も大勢のお客様にお越しをいただきあーざっした!であるが、
ステージ出演いただいた皆さんもあーざっした!
で、この中で2月のONAGAWACK以来となるEMPiREさん、
「たった7ヶ月でここまで進化するのか?」
というほどの圧巻のステージでした!
メンバーのお一人、NOWさんにおかれては、
その前回の2月はメンバーではなくオーディエンスとして
会場にいたとのこと。立場が変わってのお越しということであり、
そのきっかけのひとつが女川という場所だったとするならば、
これまた嬉しい限りです!
そして今回初見参となる3期目、新生BiSさん、待ってましたよ!
フレッシュさが溢れるステージ、大いに楽しませていただきました。
また、私の勝手なお願いを聞いてくれてありがとう。m(_ _)m
ライブでは初めて披露されたことと思いますし、
直前まで何度も楽屋で練習してくれてたと聞きました。
それだけでも泣けるのに、
切なさ、脆さ、儚さ、そして力強さ、
楽曲が持つエッセンスとメンバー皆さんの熱量と情熱によって、
聴く者の心を鷲掴みにし、エモメーターを振り切らせる
“ゾンビ“のハモり、涙しながら聴きました。
無理言ってごめんね&やってくれて本当にありがとう。
今度来るときは5人でかな?様々に経験して、大きくなって、
所縁の地女川にまた帰ってきてください!
エンパさんもBiSさんもまたね!
俺ら年輩アなオサーンどもをはじめ、皆で待っとるよ!

投稿者 sudayoshi : 2019年10月07日 23:55