« 一月遅れで | メイン

 爪痕

2019年10月16日

このたびの台風災害にて被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

本町においても大きな被害が発生した今回の台風19号。
当初から言われていたようにスーパー級の台風であり、
本町の災害対策本部でも

「想定より一つ先の事態を想定して、一つ悪い事態を想定して」

と指示し、対応に当たってもらった。
事前情報を踏まえ、東日本大震災後、本町では初めてとなる避難勧告、
更には避難指示を発出することとなった。
まだ発出する状況まで至っていないのでは、という考え方もあったが、
迷いなく勧告・指示を発出できたのは、気象庁をはじめとする
各関係機関の情報提供や半ばルールとして判断基準を設定した
新たな警戒レベルなどによるところが大きい。
一方で判断や予測を誤ったり情報を見過ごしていたら
どうだったかを考えるとゾッとする思いもある。
そもそも、そうでなくともゾッとする思いでその時を過ごした。
時間雨量50㎜を越え道路冠水から何やらが激化すると、
二次被害を避けざるを得ず、職員も動かせない(動けない)。
防災無線やTwitter等での情報提供しかできない時間帯、
ひり付くような思いと祈る心で経験のない大嵐が弱まるのを待った。
空けて台風一過快晴の翌日から、現地を回り、状況確認とヒアリングを
私自身も行っている。
直接自分の目で確認し、感じることは大切だな、と
各地を回っていて改めてつくづく思った。
そこで感じたのは、やはり想像以上だった、ということと、
同時に、それが時を経るごとに強くなっていくこと。
堤防決壊などによって甚大な被害を受けた他地区と比較すれば
まだ本町の場合は軽度に見えるかもしれないが、
それでも被災地区・被災者の方々にとっての深刻さが言葉を失わせる。
一瞬にして2m×2mの排水路が土砂で埋まり集落を埋め尽くす。

%E5%B0%BE%E7%94%B0%E5%B3%B0%E2%91%A0.jpg

%E5%B0%BE%E7%94%B0%E5%B3%B0%E2%91%A1.jpg

大量の土砂が容赦なく民家に襲い掛かった。

大沢地区では小さな橋の土台が洗掘されえぐり取られた。

%E5%A4%A7%E6%B2%A2%E2%91%A0.jpg

漁業集落地区での道路崩落。

%E5%BE%A1%E5%89%8D%E2%91%A0.jpg

%E5%BE%A1%E5%89%8D%E3%81%BE%E3%81%98%E3%81%8B.jpg

もともとはそれほど大きくもない沢だったところが増水し、
左岸が大きく洗掘され道路も流した。

このような、局所的な被害が多数発生している。
(新造成団地は驚くほど無傷でした)
これらの復旧に地元建設会社をはじめとする皆さんが
全力で頑張ってくれている。
この道路崩落も、なんと一日で仮復旧させてくれた。
本当にありがたい限りである。
しかし、冒頭記したように、時が経って影響が現出するものもある。
半島方面への道路では片側部分で大きな崩落があり、
緊急に片側通行にて仮復旧がなされたが、
夕方になって道路が引き続き谷側に引っ張られているのが判明し、
仮復旧から程無く通行止めに。
大沢地区では、先ほどの写真にあった小さい橋は
水が引いた後は通常通り使われていたが、
夕方になって橋の下の洗掘部分が次第に大きくなっていることが判り、
その崩落は橋の幅の7/8まで拡大していた。
そのため、夜10時を過ぎて一旦全体を通行止めにしながら
厚い鉄板を引き当面片側通行となった。

%E5%A4%A7%E6%B2%A2%E2%91%A2.jpg

現場の皆さん、遅い時間まで地域のために尽力をいただき、
本当にありがとうございます!
このように様々な影響が続いているが、
今後の復旧・整備やソフトも含めた防災意識・体制の確立を
今度のことを通じて各々が意識し、高めていかなくてはならない、と
改めて気を引き締めたところである。
数十年に一度、と言われるものが数年に一度、
もしかしたら毎年襲ってきかねない現在の状況である。
防災と減災、ソフトとハード、自助と共助と公助。
常の意識とバランスで向き合っていく。

投稿者 sudayoshi : 2019年10月16日 00:43